1 商標権に基づく差し止め請求等

事案の概要

飲食店の営業のために使用していた登録商標と,同一又は極めて類似している商標を他の飲食店が使用していたことから,商標権に基づく差し止め及び損害賠償訴訟を提起しました。この事案では,訴訟になる前に何度も警告を送っていたのですが,理由をつけて,使用を止めてくれなかったため,やむを得ず訴訟を提起したという経緯があります。

結果

和解成立(相手方が,使用を止めること,一定の解決金を支払うことで和解が成立しました)

 
 

banatel.PNG
 

法律事務所リベロについて

無題0001.png事務所紹介 無題0001.png弁護士紹介 無題0001.png料金について
無題0001.pngアクセス 無題0001.png顧問契約について