不動産売買・賃貸でお困りの方

 不動産の取引は、比較的取引価額が大きく、 トラブルも生じ易い面があります。

 


また、契約書の条項の解釈に関する問題に始まり、建築基準法、都市計画法などの行政法規や各種条例など不動産の利用規制に関する問題、境界確定や騒音など相隣関係上の問題など、 様々な観点からの法的な助言が必要となるケースも多い分野です。


当事務所では、不動産取引を巡る様々なトラブルに対し、多くのアドバイスを行っております。

 

 

解決までの流れ


ご相談

 

当事務所にて、不動産取引を巡って具体的にどのようなトラブルや問題が生じているのか伺い、アドバイスさせていただきます。

 

 

不動産売買の場合

 

 不動産売買について、相手方から白紙解約したいという申入れがあるような場合、売買契約の手付解除、ローン条項の適用、瑕疵担保責任などの問題があり得ます。

適切なアドバイスをさせていただき、 必要に応じて相手方との交渉、内容証明郵便の発送など、臨機応変に対応いたします。

 

 

 

不動産賃貸

 

 テナントに対する賃料請求であれば、弁護士から内容証明郵便を送付し、回収の実現を図るなど行って参ります。

 また、テナントの明渡しを求めるような場合であれば、明渡しの法的な手続を迅速に進めて参ります詳しくは土地建物の明渡しをご覧ください)。

 

逆に、家主から不当な明け渡しの要求を受けているような場合には、借り主としての権利を守るために闘います詳しくは不当な明渡し要求への対応をご覧下さい)。

 

 以上は典型的な解決までの流れで、このような流れに当てはまらない場合もあります。ケースバイケースで対応させていただきますので、まずはご相談ください。


 

不動産についてはこちら

無題0001.png不動産トラブルでお困りの方 無題0001.png土地建物の明渡し
無題0001.png不動産売買・賃貸でお困りの方 無題0001.png不当な明渡し要求への対応

 
 

banatel.PNG
 

法律事務所リベロについて

無題0001.png事務所紹介 無題0001.png弁護士紹介 無題0001.png料金について
無題0001.pngアクセス 無題0001.png顧問契約について