• TOP
  • ストーカー被害

ストーカー被害

ストーカー行為とは

平成12年11月24日から施行されたストーカー行為規制法では、以下のような行為を反復して行うことをストーカー行為として、規制しています。
 
(1)つきまとい、待ち伏せ、立ちふさがり、見張り、押しかけ

(2)監視していると告げること

(3)面会、交際等を要求すること

(4)乱暴な言動をすること

(5)無言電話・短時間に何度も電話、FAXすること

(6)汚物、動物の死体等を送付すること

(7)名誉を傷つけること

(8)性的羞恥心を害する文書等を送付すること

ただし、これらの行為がどんな目的によって行われた場合にも規制の対象になるわけではなく、恋愛感情その他の好意の感情又はそれが満たされなかったことに対する怨恨の感情を満たすための目的で行われた場合に限定されています。

従って、報道目的で取材のために行ったような場合には、この法律の規制の対象外となっています。


つきまとい、ストーカー行為への対策

(1)ストーカー行為をされた場合、まずは最寄りの警察署・警察本部に相談して下さい
つきまとい等の行為が行われ、さらに反復してその行われるおそれがあると判断された場合、警察本部長等は、加害者に対して、「つきまとい等」を繰り返してはならない旨の警告を発します。


(2)相手が警告に従わない場合には、都道府県公安委員会が ストーカー行為禁止命令 を行います。この禁止命令に違反した場合、「1年以下の懲役又は100万円以下の罰金」に処せられることになっています。

 
(3)危険が差し迫っているような場合、上のような手続きを踏まずに、相手をストーカー行為罪で告訴することも出来ます。

なお、ストーカーの加害者に対しては、民事上の損害賠償請求をすることが出来ます。実際、私が担当したケースでも、損害賠償が認められました
 
ストーカー被害も、当事務所が特に力を入れている分野の1つです。
お困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。


 

女性の相談についてはこちら

無題0001.png暴力(DV)で悩まれている方    無題0001.pngストーカー行為     無題0001.pngセクハラ問題

 
 

banatel.PNG
 

法律事務所リベロについて

無題0001.png事務所紹介 無題0001.png弁護士紹介 無題0001.png料金について
無題0001.pngアクセス 無題0001.png顧問契約について