保険会社の提示額は低い

事故後、保険会社から提示される賠償額は、裁判所基準より低いことがしばしばです

 

つまり、保険会社は、「基準に基づいて計算した」ということで金額を提示してきますが、それは、あくまでも保険会社が自分で定めた基準に過ぎないのです。


例えば、
たとえば、2ヶ月入院した場合の傷害慰謝料は、
1)自賠責保険の基準2)任意保険の基準3)裁判所の基準で、以下のように異なります。

 

 1)自賠責保険の基準   252,000円

 2)任意保険の基準      504,000円

 3)裁判所の基準       1,010,000円

 

保険会社が提示する保険金は、1)  2) です。
後遺障害の程度が重度で賠償金額が大きい場合、数百万円以上も金額変わることもしばしばです

 

つまり、保険会社は、被害者に知識がないと思って、裁判になればもっと保険金を払わなければならないことを知りながら、低い金額を提示するのです。

 

「保険会社の人が言うのだから、そうなのだろう」というお気持ちは良く分かりますが、すぐに示談に応じずに、専門家である弁護士に示談の提案書を見せて、相談することをお勧めします。


 

交通事故についてはこちら

無題0001.png交通事故でお困りの方へ 無題0001.png交通事故問題解決の流れ 無題0001.png保険会社の提示額は低い
無題0001.png傷害事故の賠償額 無題0001.png死亡事故の賠償額  

 
 

banatel.PNG
 

法律事務所リベロについて

無題0001.png事務所紹介 無題0001.png弁護士紹介 無題0001.png料金について
無題0001.pngアクセス 無題0001.png顧問契約について